2014年12月29日

級位者向け詰将棋・その6 解答


t2014-12-22a.png


解答手順
▲2一金、△同玉、▲2三飛成、△同金、▲3二金(解答図)まで5手詰め


t2014-12-28a.png


 初手にどこから攻めてよいのか難しいですが、正解は▲2一金です。△同玉と取らせることによって▲2三飛成と王手で金を奪うことができます。

 4手目に2二に合駒をしたり△3一玉と逃げるのはいずれも▲3二桂成で駒余りの詰みになります。よって△同金の一手ですが、奪った金を▲3二金(解答図)と打ってぴったりの詰みです。

 初手に▲4一金と打ってしまうと△2二玉と上がられ、以下▲3二桂成に△1三玉(失敗図)と逃げられてしまいます。2二に逃がさない▲2一金が好手でした。


t2014-12-28b.png


 終盤戦の格言に「金は斜めに誘え」というものがあります。この問題でも3二の金を2三に移動させることによって後手玉を弱体化させ、詰ますことに成功しました。金を斜めに上ずらせることができれば、それだけ相手の守りに隙ができるのです。


posted by ゆうすけ at 00:17| 級位者向け詰将棋 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。